TOPIC

【高田明美展_手塚治虫記念館】に行って来ました

こんにちは。

今回、宝塚にある手塚治虫記念館で開かれている高田明美展に行ってきました。

宝塚市立手塚治虫記念館 第78回企画展 高田明美展

実は8月末に手塚治虫記念館にいったところ告知で9月10月は高田明美記念展とあったのです。

ああ、それなら来月来ればよかったなと。

で、今月改めて行ってきました。

手塚治虫記念館の最寄駅は阪急宝塚線の宝塚南口駅。

駅から手塚治虫記念館へ行く道には手塚先生の代表作のキャラクターたちのプレートが埋め込まれています。

まるでキャラたちが記念館まで道案内してくれてるようです。

そして駅から歩くこと10分、手塚治虫記念館に到着です。

入り口前では火の鳥のオブジェがあります。

そして中に入るとアトムとサファイアがお出迎え。

なんと記念館の1階は撮影フリーです。

すばらしいぜ、手塚先生!

もし私にアニメキャラで初恋というのがあるとすれば、このサファイアでしょうね。

中性的で今で言うトランスジェンダーの悩みを持ち、なにより声優の太田淑子さんの声が男言葉を使うサファイアのキャラにマッチしてました。

さて2階では常時何かしらの催し物を開いているようです。

今回は私がお目当の高田明美展。

撮影はここまで。もちろん中は禁止です。

高田先生の絵も年代で随分変わってきたなあ(※絵を見ながらつぶやいています)

90年代後半からキャラの顔がどんどん丸くなってきている。

なんていうか昔の彼女に30年ぶりに同窓会であったら随分丸くなっていたみたいなそんな感じですw

で外に出たところで撮影再開

高田先生が描いたアトムかわいいなあw

ウランちゃんも。

このイラスト欲しいーーーーーーーw

話は逸れますが、私が子どもの頃不思議だったのはアトムとウランちゃんて実は兄妹ではないのに

なぜウランちゃんはアトムのことを「お兄ちゃん」って呼んでいたのか?

まったく理解できませんでした。

21世紀になってやっとわかりましたよ。

これって今で言う妹萌え設定だったんですね。

やっぱりすげえわ、手塚先生。

50年、いや60年先をいってましたね。

まさに変態的天才!

改めて手塚治虫先生ってすごいなと思った1日でした。

おすすめ人気記事

1

森沢優/クリィミーマミ 森沢優 基本プロフィール 誕生日 1973年(昭和48年)10月10日生まれ。年齢現在歳 回目の10歳です。血液型B型住所東京都国立市くりみヶ丘3-6-30(※)特技ローラーブ ...

2

第1話「フェザースターの舟」 見えないものが見える不思議少女優ちゃん あらすじ3行で この物語の主人公の優ちゃんは、他の人が見えないものが見えたり、人間以外とも話が出来る女の子。でも不思議ちゃんじゃな ...

3

第8話「渚のミラクルデュエット」 あらすじ あらすじ3行で 今回のマミのお仕事は磯浜ビーチで綾瀬めぐみさんとのジョイントコンサート。 でもそれに出演するには2泊3日の泊まりがけで磯浜ビーチにに行くしか ...

4

第46話「私のすてきなピアニスト」(前編) あらすじ3行で(前編) 年上の男に弱いマミちゃんは、今度はテレビ局でアルバイトをする貴宏に惹かれ始めていた。 そしてバイトのお手伝いという名目で夜遅くまでゴ ...

5

クリィミーマミの魔法とは 魔法の基本考察 フェザースター星の宇宙人ピノピノから1年期間限定で魔法を授けられる。 ピノピノからもらったフェザースター製のデバイス(優ちゃんはコンパクトと呼んでいる)に向か ...

6

第13話「鏡のむこうのマミ」 第13話(あらすじ3行で) 遊園地のマジックミラーハウスの中でマミに変身すると、鏡の中からマミのドッペルゲンガーが出てきてしまった! 鏡の世界のマミは本物とは正反対の性格 ...

7

第26話「バイバイ・ミラクル」 あらすじ3行で 俊夫君に魔法を見られてしまい、優に戻れなくなったマミちゃん。 そんなマミちゃんのピンチに今まで出会った仲間たち(幽霊、妖怪、魔法使い他)が駆けつけてくれ ...

8

第37話「マリアンの瞳」 あらすじネタバレ3行で 3週間前スネークジョーの仕掛けたドッキリに引っかかったマミちゃん(第34話「スネークジョーの逆襲」)今回もまたドッキリを仕掛けられます。 呪いのドレス ...

9

第52話「ファイナルステージ」 第52話ファイナルステージ あらすじ3行で 大雨の中、ついにクリィミーマミの最後のコンサートが始まった。 しかしコンサートが進むにつれ俊夫くんの記憶が蘇っていく。 そし ...

-TOPIC